製図・図面

ばねの図面表示や製図でのJIS基準について【図解付き】

ばね(図面(製図)での表し方

今回のテーマは図面や製図における【ばね】

ばねの種類ごとに図面の表示方法やJIS基準について解説していきます。

それではさっそく参りましょう、ラインナップは目次からどうぞ 🙂

 

ばねの図面表示&製図でのJIS基準

ばね

まず「ばね」には、①コイルばね、②重ね板ばね、③竹の子ばね、④渦巻きばね、⑤皿ばねなど様々な種類がありますが、最も多く使用されるのは【コイルばね】です。

 

コイルばね

コイルばねは力を受ける方向によって、圧縮方向に力を受ける「圧縮コイルばね」と引張方向に力を受ける「引張りコイルばね」、ねじり方向に力を受ける「ねじりコイルばね」があります。

コイルばねの種類

  1. 圧縮コイルばね
  2. 引張りコイルばね
  3. ねじりコイルばね

圧縮コイルばね

圧縮コイルばねは、圧縮方向で使用します。

JIS規格では2つの簡略図示方法が提示されており、実務ではCがよく使われます。

図示の種類 図示方法

圧縮コイルばね

A実態図        
B簡略図示②
C簡略図示②

ばね材料の中心線を実線で表し、巻き数は仕様に合わせず適度な角度で折れ線状態で書くのが一般的です。

 

引張りコイルばね

引張りコイルばねも圧縮コイルばねと図示の考え方は同じです。

実務では簡単に作図できる③で描くことが多いでしょう。

図示の種類 図示方法

引張りコイルばね

A実態図  
B簡略図示②
C簡略図示②

 

 

ねじりコイルばね

ねじりコイルばねの図示方法はこんな感じ 🙂

ねじりコイルばね

 

 

なお、コイルばねは一般的に無荷重の状態で描くことになっています。

また図面には主要な寸法のみを記入し、荷重、許容差など図面の中に記入しにくい事項は、要目表に一括して記入してください。(その他のばねも同様)

上記で示した図のように、両端を除いた同一形状部分の一部を省略図示することが広く行われています。

この場合、省略した部分は、その線形の中心線のみを細い一点鎖線で示しておけばOKです。

 

重ね板ばね

重ね板ばねは、数枚のばね板を重ね合わせてつくったもので、自動車や鉄道車両の車体などのように、強大な荷重を受ける場合に使用され、JIS B 2710に規定されています。

以下の図は、重ね板ばねの製作図に用いられる図面の例を表したもの。

重ね板ばね

ばね板(JIS G 4801 Bタイプ断面)
番号 展開長さ(mm) 板厚

(mm)

板幅

(mm)

材料 硬さ

(HBW)

表面処理
A側 B側
1 676 748 1424 6 60 SUP6 388~461 ショットピーニング後ジンクリッチペイント塗布
2 430 550 980
3 310 390 700
4 160 205 365

〈要目表〉

番号 部品番号 名称 個数
5 センタボルト 1
6 ナット、センタボルト 1
7 クリップ 2
8 クリップ 1
9 ライナ 4
10 ディスタンスピース 1
11 リベット 3

重ね板ばねの場合、ボルト、ナット、金具などとともに組み立てられた状態で描くのが一般的で、これらの部品の詳細図は別に描き表すのが良いでしょう。

また、ばね板は規格化されているので、一般には組み立てられた状態でその展開長さを記入すればOK!

しかし規格外品やその他、とくに必要がある場合には、1枚のばね板の図を描き表すようにしてください。

 

なお、重ね板ばねではコイルばねと異なり、ばね板が水平の状態で描くのが原則ですが、図にあるように、それに無荷重時の状態の一部を、想像線で描き表しておきましょう。

また以下の図は、社内規格などに定められているばね、または専門工場の標準品を購入する場合などに用いられる線図的な略画法を示したものです。

重ね板ばね(線図的略画法)

 

竹の子ばね

竹の子ばねは、薄板を渦巻状に打ち抜いたり、あるいは帯鋼を巻いてつくられるものです。

製図での代表的な図面表示と簡略図は以下のとおり。

竹の子ばね

竹の子ばね(簡略図)

コイルばねと同じく右巻きのものが一般的です。

 

渦巻きばね

渦巻きばねは、時計のゼンマイなどに用いられ、力を蓄えてそのエネルギーを原動力として使う場合に使用されます。

以下の図面表示と要目表は製図の図示例です。

この場合も無荷重時の状態で描くのを標準としています。

【渦巻きばね図面表示例】

渦巻きばね

〈要目表の図示例〉

材料 SUS301-CSP
板厚 mm 0.2
板幅 mm 7.0
全長 mm 4000
硬さ HV 490以上
10回転時巻き戻しトルク N・mm 69.6
10回転時の応力 N/mm² 1486
巻軸径 mm 14
香箱内径 mm 50
表面処理 -

 

 

皿ばね

皿ばねは、底のない皿のような形をしたばねで、座金と同様の目的で使用されること多いです。

座金(ざがね)とは、ボルトをしめる時、ナットの下に置く薄い金属板のことです。

皿ばねの図示と要目表は以下のとおりです。

皿ばねの図示

〈要目表〉

材料 SK5-CSP
内径 mm    +0.4

30 0

外径 mm      0

60-0.7

板厚 mm 1
高さ mm 1.8
指定 たわみ mm 1.0
荷重 N 766
応力 N/mm² 1100
最大 たわみ mm 1.4
荷重 N 752
応力 N/mm² 1410

 

 

以上です。

興味のある方は、以下の関連記事や製図カテゴリーもぜひご覧ください。

ありがとうございました。

Ad

-製図・図面

error: このコンテンツのコピーは禁止されています

© 2024 機械エンジニアのメカニック辞典 Powered by AFFINGER5