車の買取と下取りの違いとは?車のかんたん基礎知識

車(整備)

車の買い替えで今までの車を中古車として売りたい場合、下取りと買取のどちらかをえらぶことになるでしょう。

それぞれの特徴や条件をチェックし、自分に合った売却方法を選びましょう。

買取、下取り、あなたはどっち?

 

車の買取と下取りの違い

車の買取と下取りの違いはズバリ、お金を取るか、手間を取るかの違いです。

それぞれメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
買取 金額が下取りに比べ高い

そのお店の得意な車種や、人気車種、人気な装備を持っている車は高く売れる傾向がある

いくつかの店舗で買取価格の比較が可能

手間がかかる

査定や売却の対応などをやらなければならない

買取の場合には車を手放すタイミングが限定されている

車をすぐに引き渡さなければならない

下取り 一連の流れをすべてディーラーにお任せできる

新規の車が納品されるまで下取りする車に乗れる(下取りでは新しく購入した車の納入まで待ってくれる)

購入する新規の車と合わせて価格交渉できる可能性がある

売却金額は買取に比べ安い

下取り額は新規の車の購入に充てるので自由に使えない

査定が有料(の場合がある)

 

車の買取と下取りどっちにする?

買取をおすすめする人

買取をおすすめする人はこんな人!

車を買取すべき人

  1. 少しでも高値で売却したい(手間を惜しまない)
  2. 下取りで値が付きにくい車を売りたい(古い、キズがあるなど)
  3. 別のメーカーに乗り換えたい

買取や車種やオプション品の他に、車の状態なども査定でプラスになるため、下取りよりも高値が期待できます。

また、買取はメーカーによって査定額が変わることはあまりないため、別のメーカーに乗り換えたいときにも有効です。

一方で、買取した車は商品として売られる以外に、パーツに分解して販売する、海外に輸出するといった活用方法があります。

だから下取りで値段がつかない古い車やキズなどがある車でも、買取なら査定金額が出る可能性があるので要チェックです。

 

下取りをおすすめする人

下取りをおすすめするのはこんな人!

車を下取りすべき人

  1. 売却金額が安くても構わない
  2. 手間と時間をかけたくない

購入したい車のメーカーのディーラーに行けば、購入から下取りまでをすべて請け負ってくれるので、買取よりも時間を節約できます。

仕事が忙しく時間が取れない方や、転勤や引っ越しなどで他にやることが多い人、書類や手間がめんどくさいと感じるなら下取りにするといいでしょう。

 

以上です。

ありがとうございました。

 

 

Ad

-

error: このコンテンツのコピーは禁止されています

© 2023 機械エンジニアのメカニック辞典 Powered by AFFINGER5