品質管理

QC七つ道具の【層別】とは?定義や具体例かんたん解説

層別(QC7つ道具)

今回は【層別】について解説します。

QC七つ道具での解析時に活用する考え方です。

サクッと確認しておきましょう。

 

QC七つ道具における【層別】とは?

QC七つ道具は、以下のとおりです。

qc7つ道具

  1. パレート図
  2. グラフ
  3. 特性要因図
  4. チェックシート
  5. ヒストグラム
  6. 管理図
  7. 散布図

【関連記事】

QC7つ道具の覚え方

ヒストグラムや散布図で解析する時、全データの形状としてはバラつきに偏りが見られませんが、ある切り口で分けてみると、違いが見えてくる場合があります。

このように、データをある共通点で分類する考え方を【層別(そうべつ)】と呼びます。

もっとかみ砕けば、【こまかく分ける】こと。

たくさんのデータを、そのデータのもつ特徴ごとに分ける(層という)作業です。

 

また層別の着眼点としては、4M、時系列、環境別など、要因系のいろいろな視点で分けることで、問題や要因を捉えやすくなるのがポイントです。

4Mとは、Man(人)、Machine(機械)、Material(材料)、Method(方法)の4つの要素を分析・改善していくことで、課題発見や問題解決を図る手法

製造現場をはじめ、さまざまな場面で活用されているよ!

 

QC七つ道具でも活用!層別の具体例

層別の具体例は以下のとおり。

層別の種類 具体例
人別 個人別、年齢、経験年数、作業班別
機械・装置別 工場、型式、ライン、号機
原材料別 購入先、部品、産地、購入時期
作業方法別 作業方法、作業条件、測定方法
時間別 時間、AM・PM、曜日、年月日
環境別 気温、湿度、温度、雨期・乾期
その他(品質管理) 運搬方法、包装、良品・不適合品

それぞれのデータを層別し、層間の違いが表れたとき、層別が効果を発揮したと言えます。

層別によって分かったことは、不具合等の原因を発見するための手掛かりになるはずです。

ちなみに層別は品質管理方法のひとつであるサンプリングでも活用されます。

【関連記事】

サンプリング(品質管理)

併せてチェックしておきましょう。

 

以上です。

ありがとうございました。

Ad

-品質管理

error: このコンテンツのコピーは禁止されています

© 2024 機械エンジニアのメカニック辞典 Powered by AFFINGER5