レビュー&ライフスタイル

危険物取扱者乙4合格者が語る!リアルな勉強時間や勉強方法について

危険物取扱者乙4(合格体験談)
どうも~危険物取扱者乙4合格者です!ドヤw( ・´ー・`)

危険物取扱者乙4(免状)

【危険物取扱者免状(乙4)】

今回は、危険物取扱者乙4に合格した時のリアルな勉強時間や勉強方法ついて解説していきます。(体験談)

危険物取扱者乙4の資格取得をめざすあなたの参考になればうれしいです。

それではさっそく参りましょう、ラインナップは目次からどうぞ 🙂

 

危険物取扱者乙4の勉強方法

資格勉強

危険物取扱者乙4の勉強方法は、大きく分けて独学(参考書)か通信講座かの2つです。

私は参考書を解きまくる独学をえらび合格しましたが、周りには通信講座を受けている方々も結構いたので紹介しときます。

まず危険物取扱者乙4の試験はすべてマークシートです。

記述はないため、過去問を解きまくって問題の傾向や知識を身につけていけば合格できるでしょう。

とくに危険物などを取り扱う会社で働いている方は、日頃の業務である程度知識が身についているかもしれませんね。

ただ私の場合、異動のときにたまたま危険物を取り扱う部署になってしまったため、知識としては0の状態でした。

しかし会社のバックアップもあり、危険物取扱者乙4の講習にも行かせていただき(1回のみ)、基本は参考書(過去問)のみで合格することができました。

〈↓おすすめの参考書〉

乙種4類 危険物取扱者試験 令和5年版

※試験の傾向が分かるため、最新版がおすすめです 🙂

 

一方、通信講座を受けている方もいたのでご紹介!

独学よりも少しお金はかかりますが、充実したテキストや講師に質問できる環境は、初心者にとってはすごくありがたいシステムだったそうです。

暗記が苦手だったり、基礎知識がなく不安だったりする人は、通信講座で理解を深めながら勉強するのもアリかもしれませんね 🙂

危険物取扱者乙4の通信講座をとりあつかっているのは、生涯学習のユーキャンスタディング、SATなどがあります。

とくにスタディングは講座価格が5,940円と破格です。(生涯学習のユーキャンは39,000円、SATは7,800円くらい)

さらにわからないことを質問できる学習Q&Aチケットも3枚付いてきます。

参考書を買うのとあまり大差ないのでかなりおすすめできる講座です。

興味のある方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

スタディング

スタディング

 

危険物取扱者乙4の勉強時間

砂時計

さてさて、つづいては危険物取扱者乙4に合格した時の勉強時間です。

私の場合、試験の約2ヶ月前から勉強し、トータル時間は約50時間でした。

毎日30分~1時間程度を、通勤やお昼休み、寝る前などにコツコツ勉強した感じです。

ガッツリ勉強したという感じは正直ありません。(笑)

まぁだから、がんばれば1ヶ月程度で合格する人もいるでしょう。

仕事や家庭それぞれで資格勉強に使える時間は違うと思いますので、無理のない計画を立てて勉強を進めることが大切ですね。

 

危険物取扱者乙4まとめ(勉強方法&勉強時間)

まとめるとこんな感じ!

危険物取扱者乙4
勉強方法は2種類 参考書(過去問)を解きまくる

乙種4類 危険物取扱者試験 令和5年版

※参考書は最新版をチェック!

通信講座を利用

生涯学習のユーキャンスタディング、SATなど

※おすすめはスタディング

勉強時間 試験の約2ヶ月前から勉強し、トータル時間は約50時間(体験談)

毎日30分~1時間程度を、通勤やお昼休み、寝る前などにコツコツ勉強

がんばれば1ヶ月程度で合格する人もいる

※無理のない計画を立てて勉強を進めるのが吉!

 

以上です。

参考になればうれしいです。

【関連記事】

危険物取扱者乙4の試験日程×内容(時間)申込みを忘れずに!

ありがとうございました。

 

Ad

-レビュー&ライフスタイル

© 2023 機械エンジニアのメカニック辞典 Powered by AFFINGER5